バリフの副作用は?危険な副作用はあるの?

バリフの副作用

薬を飲んで酷い副作用に見舞われた経験したことありますか?
私はあります。
昔、酷い喘息をもっていた身体の弱い少年だったんですが薬の副作用で脈が一気に早くなったんです。
慌てた親がすぐに病院へ連れて行ってくれたので、事なきを得たのを今でも鮮明に覚えていますよ。
脈が速くなるとやっぱり少しパニックになりますね。
身体の中で起こっている症状を自分でどうしていいか分からず、動揺しましたよ。

さて、副作用の話を出したついでに今回はバリフの副作用について紹介していきます。

バリフは、一般論では即効性があるゆえにその分副作用も出やすいといわています。
代表的な副作用は頭痛に、消化不良、身体のほてり、腹痛といったところでしょうか。

この副作用はバリフの作用によるものなので、過度に心配する必要はまったくありません。
しかし、中には重い副作用を発症してしまう人も。
たとえば持続勃起症やNAIONといった副作用です。

薬に副作用はつきもの。バリフも例外ではありません!

頭痛は血管拡張によるもの!

バリフ頭痛

バリフは体内の血行促進作用によって勃起を促進させます。
実は、この血行促進さようが頭痛の原因なんです。
まず頭痛が起きる仕組みから説明しますね。

頭痛は、脳内の血管が膨張する際に生じる炎症のことを指します。
脳内血管には三叉神経という神経がまとわりついていて、何らかが原因で血管が膨張するとその神経を圧迫。
神経を圧迫すると他の組織とぶつかり合って炎症を生じます。
この炎症している状態が頭痛なんです。

バリフを服用した後は血管拡張が行われますよね。
男性器だけの血管を拡張すれば頭痛なんて副作用はおきません。しかし、内服薬であるバリフはピンポイントだけには効果を発揮しないんです。
バリフの効能は身体全体に行き渡り、脳内血管までも影響を与えます。

そのため、頭痛を引き起こしやすくなり痛みを感じるのです。

血管拡張による副作用は頭痛の他にも身体・顔のほてり、動悸、頻脈といったものを生じるケースも。

頻脈に関しては発生頻度が低いためそこまで心配する必要はありません!

薬局の頭痛薬で対処してOK

頭痛には頭痛薬

頭痛には頭痛薬が一番です。
「わざわざ病院へ行かないといけないのか?」と思う必要はありません。

バリフで頭痛を感じた時は、薬局で販売される頭痛薬でOKです。

たとえばロキソニンやイブ、バファリンですね。
頭痛薬とバリフの効き始め時間は少し似ているので、飲むタイミングは同時期がいいでしょう。

頭痛を感じやすい、またはレビトラで頭痛を感じていた人は頭痛薬を賢く使っていきましょう。

胸やけを感じるワケ

バリフ胸やけ

バリフを飲むとまれにですが、消化不良を引き起こす場合があります。

消化不良が起きる原因は、やはり血管拡張作用が関係しています。
バリフは血管拡張を引き起こす際に、作用がスムーズにいくように陰茎海綿体平滑筋という筋肉をユルユルにします。
この筋肉を緩めることによって血管が拡張されて、血量が増えるというワケなんです。

実は平滑筋を緩める際に、稀にですが平滑筋以外の平滑筋をユルユルにしてしまうケースがあります。
平滑筋は何も陰茎海綿体だけでなく、胃や食道、小腸、大腸、血管壁に存在しています。
さらに平滑筋は人間の意志では動かせない筋肉です。
胃にある平滑筋がユルユル状態になると、胃酸が逆流してしまい胸やけや胃食道逆流症、胃部不快感といった消化不良症状がでます。

胃薬で解決しちゃおう

胸やけ市販薬

頭痛と同じように、消化不良も市販される薬で対処可能です。
たとえば、ガスター10やアシノンZ、イノセアワンブロック、ガストール錠。
第一三共ヘルスケアや佐藤製薬、エスエス製薬といった日本ではお馴染のメーカーが販売している薬なら安心して服用できるはずです。

バリフと胃薬の併用は基本的に問題はないといわれいているので、消化不良を酷く感じた場合は胃薬を飲みましょう。

重い副作用

バリフ重い副作用

バリフの重い副作用は、持続勃起症やNAIONです。
他のED治療薬も同じような副作用があるので、一度は耳にした事がある人もいるはず。
それぞれの特徴をチェックしていきましょう。

・持続勃起症
性欲や性的刺激と、本人の意思に関わらず勝手に勃起してしまう副作用です。
痛みを伴う場合はすぐに医療機関へ掛かる必要があります。

・NAION
急激に視力が低下する視神経障害です。特に中年以降に多く見られ痛みもありませんが、急激に視力が低下したり視野血管を生じたりする副作用です。

上記の2つを発症してしまった場合は、すぐに医療機関へとかかりましょう。
持続勃起症やNAIONは放置していると大変なことになってしまう可能性が多いにあります。

また、バリフは海外製薬なので重い健康被害があったとしても副作用被害救済制度は受けられないので注意してください。

バリフ

Posted by ogura


PAGE TOP